MRIルーム


強磁場環境下の動作解析

今までは強磁場内にモーションカメラを持ち込む事が難しくMRIルームの外から望遠で撮影する事が限界でした。
しかしMRIルームのような強磁場環境下の中でもQualisysモーションキャプチャシステムOquaMRIはカメラを特殊な素材でコーティングする事により、磁場の影響を最低限に抑える事ができます。もちろんケーブルその他のパーツもMRI環境専用設計の物となっておりMRIルーム内にモーションカメラを設置する事が可能です。
今まで強磁場環境で計測機器の使用が難しかった環境下でQualisysモーションキャプチャシステムOquaMRIは精度の高いモーションデータの取得を可能とします。
データもリアルタイムにデジタル出力が可能なので、2D,3D,6DOFデータをMRIデータとの統合、検証もできます。もちろんMATLABなどのプロトコル出力も可能です。

計測例

•腕や足の小刻み、リズミカルに動く手足のモーション
•麻痺患者の肢の動き
•膝の動き(貧乏ゆすり)
•パーキンソン病の研究
•骨髄炎や関節炎におけるMRI検査時のモーション

Top