歩行分析
リハビリテーション


歩行分析・リハビリテーション

Qualisysの3次元動作分析システムは、世界中の多くの臨床や研究分野の歩行解析やリハビリテーションの分野で使われています。Qualisysは、患者さんや被験者さんの動き(歩行や立ち上がりなど)の状態や状況を評価することができ、このデータを基に今後の治療方針やリハビリの方向性に生かされています。
近年Qualisysは、歩行解析であればデータ取得後すぐに関節の角度やモーメント、歩行の速度、ケーデンス、ストライド長、ステップ長のレポートを出力する事ができるPAFという機能があります。これを使うことにすぐに患者さんや被験者さんに状態を説明することができます。

プロジェクトオートメーションフレームワーク(PAF)/歩行解析 

Qualisysモーションキャプチャ制御用ソフトQualisys Track Managerのプロジェクトオートメーションフレームワーク(PAF)を使用する事により3次元計測後、歩行解析専用レポートを自動で出力する事が可能です。
3次元計測後クリックすれば自動的に解析ソフトが立ち上がりレポートを作成いたします。
プロジェクトオートメーションフレームワーク(PAF)を使用すれば計測後、すぐに計測対象者にフィールドバックする事が可能となります。

Top