信原病院(スポーツ整形・整形外科)


信原スタジオ

肩関節の治療で世界的に有名な信原病院にあるバイオメカニクス研究所では、主に野球のピッチングの3次元動作解析をQualisysのシステムで行っています。
QualisysのOqus700+という1250万画素/サンプリングレート300Hz(フル画角時)、300万画素/1100Hz(フル画角時)の計測が行えるカメラで計測をしています。
信原病院バイオメカニクス研究所ホームページ
信原病院Facebook

 

信原スタジオ2

信原病院バイオメカニクス研究所では、Qualisysより取得したデータから、各関節の運動や負荷を算出しています。これらのデータを基に、被験者の投げ方が肩にどの程度負担があるかなどフィードバックして、被験者の方のピッチング動作の改善を助けています。

さらにこの研究所では、モーションキャプチャシステムとビデオ動画を同期計測できるQualisysのハイスピードカメラ(Oqus210C)を用いて、モーションキャプチャデータとともに実際の動画データの計測も行っています。

信原210cc

Top