首都大学東京(歩行分析)


首都大学東京

首都大学東京人間健康科学研究科の樋口教授の研究室では、
歩行を中心とした空間移動行動について、認知科学的観点からQualisysの3次元動作解析システムを使用して実験をしています。主に眼から入った情報(視覚情報)がどのように移動行動の制御に利用されているのかを知るための実験を行っています。
Qualisysのモーションキャプチャシステムを利用した実験の1つとして、狭い隙間を通り抜ける際の回避動作を三次元的に計測することを行っています。人混みのように目まぐるしく変化する隙間の大きさに対して、私たちはどのようにして安全な動作を選択しているのかについて、動作解析を通して明らかにすることが目標としています。

この研究の成果は、目の不自由な方々が安全に接触を回避できるようにサポートしたり、キャリーバックを持っている方が他者と接触しないで歩くための方策を提案したりすることに応用できると考えています。またこれまで,自動車メーカーとの共同研究として、車両感覚の理解に応用できる基礎研究を行った研究実績があります。
さらに私たちの研究室では、実験室での計測だけではなく、体育館や病院などの現場にモーションキャプチャシステムを持ち込んで、リアリティある動作の計測にも取り組んでいます。これまで、頸髄損傷者における車いす利用時の車両感覚の測定、アメリカンフットボール選手の密集突破能力の測定、視覚障害者テニス(ブラインドテニス)選手の卓越した動作の測定などの研究実績があります。

Top