NEWS

VIEW MORE

BrtiteLite 計測範囲を選べる簡易型NIRS

Scroll

【BriteLite】ーBriteシリーズー

BriteLiteは約250gと軽量で最大10チャンネルを測定できるワイヤレスNIRSデバイスです。
デバイスは出力センサーと受光センサーを統括する小型コントロールユニットのみとなり、Brite専用ヘッドキャップに簡単に取り付ける事が可能で、計測自由度と運用性が非常に高いです。大きなバックパックやその他のハードウェアは必要とせず、研究室の内外に手軽に持ち運びが可能です。
Briteシリーズに搭載されているセンサーユニットは周囲光補正とマルチパワーゲインコントロール機能が内蔵されております。この2つの機能により、髪の種類や肌の色が異なる多文化の被験者でもNIRS測定が可能です。ヘッドバンドとヘッドキャップには様々なサイズがあり、大人から子供まで様々は被験者計測が可能です。
脳全体を覆うように設計された、付属のBrite専用ヘッドキャップは希望する箇所にオプトードを配置する事が可能です
目的の脳領域をカバーするための様々なオプトードテンプレートの提供があり自由箇所の測定を可能とします。また、表層組織を測定する為のショートチャンネル用センサーを追加することも可能です。※オプション
さらにartinis専用ソフトOxySoftは複数デバイスを同時に制御可能であり、ハイパースキャン研究(複数同時モニタリング)に最適です。

  • 脳組織内のオキシヘモグロビン、デオキシヘモグロビン、総ヘモグロビン濃度の変化を測定
  • 研究室でも現場でも迅速なセットアップと簡単な使用が可能
  • マルチパワーゲイン機能により各チャンネルの光出力を自動または手動で変更が可能
  • 運動センサー搭載
  • Bluetooth計測
  • オールインワンソフトOXYSoft対応
  • 他のBriteシリーズに拡張可能
  • EEG、tES計測機器との組み合わせが可能
  • オプトード間 20 to 55 mm
  • 8-10チャンネル
  • 最大150 Hz

状況に応じてアップグレード可能

BriteLiteは、研究のニーズに合わせて将来的にアップグレードできます。 artinisのBriteファミリのデバイス内で様々なアップグレードの可能性を提供し、チャネル数を増やしたり、機能を追加したり、他の脳領域から測定するためにアップグレード可能です。

BriteLiteはBriteMKⅢにアップグレード可能で、チャンネル数を最大27まで増やすことができます。Briteシリーズは、アップグレードの可能性により、実験内容、状況に適したデバイスを柔軟に設計できるようになります。