artinis
アーカイブティップス株式会社 > NIRS(近赤外分光法)システム/脳計測・筋肉酸素動態計測 -Artinis- > -筋組織酸素化計測NIRS-
単チャンネルNIRSシステム【PortaLite】

-筋組織酸素化計測NIRS-
単チャンネルNIRSシステム【PortaLite】

筋肉NIRSシステムを使った計測風景

PortaLiteは発光部/受講部があるセンサー部分とバッテリーが搭載されている本体が分離されているポータブル単チャンネル型NIRSシステムです。センサー部分で計測したデーターはケーブルで繋がれた本体に送られ、BluetoothによりノートPCに転送されリアルタイムにモニタリングが可能です。

センサー部が本体と独立している事で体の様々な箇所に装着/計測が可能です。
首や肩などの局面やシートに座った時の腰や太腿など様々な箇所、シチュエーションで筋活動NIRS計測が可能です。

本体にはトランスミッター発信機が3つとレシーバー受信機1つが内蔵されており、それぞれのトランスミッター発信機とレシーバー受信機の距離は30mm/35mm/40mmの位置に配置されております。3つの光源があるため、酸素化ヘモグロビンの絶対測定値である組織飽和度(TSI)を測定可能なシステムとなっております。